メインコンテンツトップ
 >   > スリランカからの手紙「あなたに仏陀のご加護がありますように・・・」

スリランカからの手紙「あなたに仏陀のご加護がありますように・・・」

今月もスリランカの子供からお手紙が届きました(^0^)
それぞれの手紙には支援金への感謝の言葉と必ず文の終わりには
「あなたに仏陀のご加護がありますように・・・」
と締めくくられています。(こんな風に書いてもらうと嬉しくなちゃいます)

日本の手紙では前文・主文・末文などがあり、前文の頭語には
「拝啓」「「謹んで申し上げます・・」その他にも色々・・・
また、面白いのは時候の挨拶ですよね、1月~12月それぞれ
あって「厳冬の候」「初春の候」「新緑の候」などなど
今、3月なら「早春の候」や「迎梅の候、花の便りがうれしい
今日この頃・・」なんて書くと春らしい季節感を感じられて
いいですよね。携帯で送るメールではそんな言葉を使うことなんて
ない、そう思うとやっぱ手紙はイイ!d(^0^)b
日本ならではの手紙の書き方でスリランカの子供達に
返事のお手紙書かなきゃ・・・。

今回の手紙には、子供の担任の先生からのメッセージがあり
「今年度も引き続き支援を続けて下さい。」どの家庭の子供
も生活状況は依然厳しく支援が必要だと切に書かれていました。
アダムステイーでは、今年も支援継続させてもらう事となりました
今後、一人でも多くの子供に力添えができたらいいなと思う一方
貧困で苦しい生活を送っている人が減ってくれたらと思います。

スリランカからの手紙

メインコンテンツフット